読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岬ちゃん早く来てくれ!

働けば自由になる

HTC viveを買ってしまったので感想

PC 日記

 買わぬと諦めたのに買ってしもうた。ドスパラで買うとベースステーション取り付けに使える三脚が半額で買えるのでそちらで購入。

 

設置は大変

 ベースステーションx2台を部屋の対角にセットし、二つをリンクさせる同期ケーブルと電源を繋げば部屋はケーブルでいっぱいだ。

 HTC viveは実際に体を動かして遊ぶルームスケールが最大の売りである。そのために最小で2m × 1.5mの何もないスペースを必要とする。ここで気をつける必要があるのがセンサーの役割を果たすベースステーションの内側に長方形が入るということだ。要するに実際には2m × 1.5m + αのスペースが必要になる。αの部分はカメラが設置できれば多少の障害物はかまわないけど。PCを置く場所も当然必要なので日本の住宅事情だとかなりきついと思う。とりあえず私の部屋ではほぼ最小のスペースしか用意できなかった。

 最小のスペースしか用意できないとどうなるかと言うと少し残念なことになる。viveは着用すると周りが全く見えなくなる。その状態で動き回るのは危険なため、ルームスケールに設定したスペースの端に近づくと警告として半透明な格子が現れる。スペースが狭いとこの格子がしょっちゅう現れることになってこれは興ざめでよろしくない。

 

・装着感

 viveの装着感は眼鏡ユーザーに優しくない。視界を覆うスポンジに眼鏡のつるが引っかかるのだ。結局私は眼鏡を先にviveに差し込んで、本体と眼鏡を一緒に装着する方法に落ち着いた。それでも付けた後は眼鏡の位置調整とviveの位置調整の両方を行わねばならず、付け外しが億劫になる一仕事だ。

 ルームスケールの仕様的に上下左右を見渡す事が多いにしてはヘッドバンドが頼りないのも気になる。特に下を向く時。

 付け続けると違和感は消えていくのだけれど、外すときはしっかり蒸れているので夏場はきつそう。

 

・付属コントローラー

 コントローラーはすごく良くできている。どのボタンを押すのも不自由がない。トラッキングも正確で、VR空間上にコントローラーが表示されていてルームスケール範囲内なら一度手放しても違和感なく手にとることができる。かなり長い間持っていても疲れにくいのは重心バランスの調整が上手いからだろうか。

 トリガーやトラックパッド等のおなじみのボタンの他にコントローラーを握りしめる事で反応するグリップボタンが用意されている。このグリップボタンの存在が没入感を増していて、これによって「握りしめる」動作がVR空間上で違和感なく表現されている。

 

・VR空間に飛び込んでみると

 素晴らしいの一言。本当に別世界に入り込んだ様で、しばらく遊んでいると自分が自室にいることがわからなくなるほどだ。ヘッドセットを外して初めて自分が部屋のどの向きを向いているのかわかる事も多い。

 既存のゲームの発展的なものではなくて、全く新しいゲームジャンルのように思う。2Dゲームから3Dゲームに変わったときの衝撃に近い。

 

・ソフトウェアラインナップに不安

 VRは新しいゲームジャンルで、ルームスケールのお陰で没入感を高めているのだが、いかんせんソフトが足りない。インディー系のアーリーアクセスが殆どで、ボリュームが少ない。ソフト内容も大味なものが多い。けれども手垢の付いたビリヤードや卓球等のシンプル2000的なゲームでもVRだとこれまでのゲームと違う面白さがある。

 聞くとviveは14万台程度しか売れてないらしい。それではVR専用で大金を出して開発するというわけにはいかないのだろう。この辺PSVR普及によるおこぼれで、面白いゲームが降ってこないかと期待している。

 幾つか遊んでいて思ったことだけれど、コックピット視点のゲームが臨場感たっぷりで面白い。体をさほど動かさずに済むので、コックピット視点のシューティングゲーとか 、運転席視点のレースゲームが増えてくれると嬉しいかな。

・ハードウェアスペック

 私のPCはi7-6700k、メモリ16GB、GTX970と要求スペックギリギリだけれど、今のところ大きな問題はない。恐らく来年あたりから徐々に厳しくなっていくと思われるので早いうちにグラフィックボードの交換を検討したい。

 vive側ははっきりと発展途上で、画素数が足りないのとペンタイル液晶なためにどうしてもドットの間が見えてしまう。ソフト側の作りが甘いと文字が潰れて読むのが難しい。これはvalve謹製のThe labでも起こっているのでvive側の課題だろう。

 これはハードが代を重ねる事で解消されていく問題だと思う。当然PC側の要求水準も上がるであろうから、解決は当分先な気もするけれど。

 来年には新型viveの発表も噂されているので今急いで買うこともなかったかな。