岬ちゃん早く来てくれ!

働けば自由になる

恐怖劇場アンバランス vol.2

第三話 「殺しのゲーム」

末期癌の岡田は同じく末期癌だと言う鈴木から殺しのゲームを持ちかけられる。

互いに殺人の計画を練り、また殺されることに怯えることで癌の恐怖を忘れようというのだ。

自分に殺人はできないと拒否する岡田の意思を無視して、鈴木は殺しのゲームを一方的に開始する……

 

じわじわと死に怯えるより潔く死んだほうがいい。

でも自殺はできないから他人に殺して欲しい。

その気持はわかる。

この話はなかなかおもしろい。

DVD恐怖劇場アンバランス Vol.2

DVD恐怖劇場アンバランス Vol.2

 

第四話「仮面の墓場」

旬が過ぎた演出家の犬尾が主催する落ちぶれた劇団からしだねはもう一度一発当てようと新しい演目の稽古を続けていた。

その稽古の最中、劇団員の白浜が事故で死んでしまう。

事故を隠ぺいするため、犬尾と劇団員たちは白浜の死体を劇場地下のボイラーで焼こうとする。

ところがボイラーに火をつけた直後、中から男の叫び声がした。

白浜はまだ生きていたのだろうか。

そして次の日から劇場では死んだはずの白浜の姿が見え始めた……

 

とまあ前半は恐怖劇場の名にふさわしいホラー仕立てで話は進んでいくのだが、オチが酷い。

演劇に狂った犬尾の一人芝居を見せられるのだが何がやりたかったのかわけわからんね。

関連記事