岬ちゃん早く来てくれ!

働けば自由になる

ik1041 keys-to-goを購入。

 iPadのソフトウェアキーボードは使いづらい。基本的にはiPhoneと同じなのだが画面が大きいので仮想キーを触るのが大変なのだ。いや、iPhoneもさほど使いやすいもんじゃないんだけどね。

 というわけでBluetooth接続ができるハードウェアキーボードを使うことにしてみた。いくつか候補はあったもののロジクールのik1041 keys-to-goを購入。薄さと軽さと防水性が売りの製品である。
 
 感想はとにかく薄くて軽い。指二本でつまんでも全く苦にならない。持ち歩くのに便利だけれども家の中でも取り回しの良さが快適だ。
 そして薄いわりに押しやすい。電気屋で幾つか試し打ちしたけど、他の製品で携帯性と打ちやすさを両立できているのは少ないね。もちろんデスクトップ用キーボードに比べると一枚落ちるけれど。
 気になったことはキー配列がUS配列ということで、日本語キーボードに慣れている身としては少々使いづらいと思うときがある。Enterが小さいとか記号の位置が違うとかね。
 Bluetooth対応機器ならなんにでも使えるみたいだけれど、一応iOS専用みたい。iOS向けのショートカットキーが置いてあるし。
 
 値段は少々お高くて税抜き8000円くらい。値段の半分は薄さや軽さの価格だと思う。またマルチペアリングに対応していないのでiPad専用に使うくらいの割り切りが必要。iPadiPhoneと一緒に持ち歩く事に特化した製品なんだろうね。
 なおBluetoothペアリングの際はペアリングボタンをかなり長い間(数十秒)押し続けないとiPad側で認識してくれなかったので注意が必要。