岬ちゃん早く来てくれ!

働けば自由になる

Kindleを試してみる。

 Kindleに手を出してみた。ハードウェアのことではなく電子書籍の話ね。一昔前に自炊にチャレンジしてみたことがあるので、電子書籍に対する拒否感はないのだ。自炊自体は面倒ですぐに挫折してしまったけどさ。

 ワンクリックで注文したら即ダウンロードという気軽さのせいで、さくさく買ってしまうのが怖い。一冊だけ100円に値下げする餌につられてシリーズ揃えちゃったりとかさ。商売上手だよ、まったく。

 大変便利に利用しているのだけれど、便利なだけではなくてまだまだ発展途上だなと思う部分がたくさんある。

品揃え

 一番の問題はこれだろう。電子書籍化されていない本がかなり多いようで、作家名や作品名で検索をかけてがっかりすることがとても多い。また配信される本であっても紙の本から遅れて電子書籍化されるのが一般的だ。

 そしてKindle storeは他の電子書籍サイトに比べて品揃えが悪いような……

画質

 小説はまず関係ないのだが漫画の場合は問題だ。ぼやけた絵を見ると目が疲れるからさ。購入前にサンプルを見ることができるので地道に試していくしかないのだ。

閲覧環境

 現状日本版Kindleではスマートフォンタブレットでしか見ることができない。海外じゃPCでも読めるというのに。私はiPhoneしか持ってないんだよね。タブレットほしいなあ。

 

 他にもKindleアプリの検索性の悪さやページめくり等の反応が遅いなどが挙げられるのだがこの辺りは改善してくれるだろう、多分。