岬ちゃん早く来てくれ!

働けば自由になる

Crysisの感想

 Crysisといえば発売当時としては美しいグラフィックととにかくマシンスペックを必要とすることで有名だったゲームで、いつかは遊びたいと思っていたものでした。そして今のPCならなんとかイケるんじゃないかと思ってSteamで購入しました。

 ところが古いゲームだからでしょうか、不具合が出てインストール出来ません。認証サーバーが潰れたせいなのか、OSとの相性問題なのかはわかりませんがこれでは困りますと、EAに連絡してみることに。ついでに日本語で遊びたいのでOrigin経由でインストール出来ないかも合わせて聞いてみました。

 EAのサポートチャットはかなり見つかりにくい場所に有りましたが無事話す事ができ、Steamで買ったコードと伝えたにも関わらずOriginアカウントに登録してくれました。

 

 ゲームの感想としては、古さを感じるけれども面白かったですね。イベントシーンなどの操作できない時間が今のゲームに比べて少なくて、ガンガン動かす事が出来ます。

 また極端に広いマップで好きな道を通ってクリアしてくれというのも一本道レールシューターと違って趣きのあるものでした。

 ナノスーツを着た超人部隊隊員という設定の割に主人公ノーマッドは弱くてナノスーツの機能もイベントムービーほど優れていないため、前に出て戦うというよりも隠れてちまちま敵を減らしていく場面が多かったように思います。中盤以降手に入れるスナイパースコープとアサルトライフルの組み合わせで大分楽になりますが、序盤は紙装甲に悩まされます。ロケットランチャーを取り忘れた後のヘリなんてどうやって倒せばいいのやら……

 外伝に当たるCrysis Warheadは本編のサブキャラクターのサイコにスポットを当てた作品で、主人公=プレーヤーなノーマッドと違ってサイコは単体でキャラ立ちしているので見ていて格好良かったです。

 本編の売りだった自由度は制限されているものの、イベント戦闘が多くて飽きさせない作りになっていました。

 

 なおi7-6700K+gtx970ではスペック的に追いつかないようで、最高設定で遊ぶのは無理のようでした。無理すれば動くようですが、処理落ちしたり妙な不具合を起こすので……