岬ちゃん早く来てくれ!

学校出てから十余年、今じゃワープア低賃金。

2018/10/20の日記

 久々に南瓜の煮てみたら思いの外上手にできた。煮物の面取りを真面目にやってみたけれど、包丁でやるより皮むき器を使ったほうが良いのかね。面取りで捨てる部分がもったいなく感じるんであんまりやりたくない。

 レパートリーに加えたいけれど、作るのに時間がかかるのと鍋一つ占領してしまうのが玉に瑕かね。煮物系は作業時間と場所を使うのが一人暮らし向きではないのだ。

 

 かぼちゃのことを昔は「なんきん」って言ってたもんだけれど、いつの間にか「かぼちゃ」が主流になってしまった。「なんきん」だと中国の都市名とか同音異義語があるからだろうか。古い言葉が失われていくのは悲しい話である。

2018/10/14の日記

 レジ袋有料義務化が話題だけれど、コンビニまでレジ袋有料化にされたら困るわな。客も店員サイドも。電気屋とか本屋も有料化するんかね。

 近くのスーパーがレジ袋有料化にしたんだけれど、そのせいでいちいち店員に声をかけるのがめんどくさい。似たようなクレームを入れた人がいたのか知らんが買い物かごにレジ袋購入意思表示カードを突っ込むシステムに変わったけれど、その店のレジ袋は大小の2種類あるせいで結局店員に声を掛けることには変わりないのだ。セルフレジ側もいちいち店員を呼び出してレジ袋をもらわなきゃならないので、セルフレジの簡便さが損なわれてる現状。

 1枚5円として毎日買い物しても月に150円、年間でも2000円足らずだしエコバッグ買うほどでもないんだよね。使い捨てられるビニール袋ってたまに必要になるんでとっときたいし。エコバッグを持ち歩く手間もあるしさ。

ロックマン11をクリア

 缶とアイテム縛りで遊んでいたらずいぶん時間がかかってしまった。もともとゲームがうまくないのに加えて加齢に疲れと万全の体制で遊べないのが辛かった。と言い訳はここまでにして、新生ロックマンとしては上々の出来だったのではないだろうか。しいて言うならザコ敵キャラのパターンが少なかったような気がしないでもない。

 テコ入れのダブルギアシステムはなかなかおもしろいスパイスだったように思う。起死回生のダブルギアは実質一度しか使えないペナルティが重すぎて使い道がわからないけれど、こいつを使って溜めロックバスターで敵を倒すととても気持ちがいいね。わざわざトロフィーにまでなってるし。

 ギアを使うことでボス敵に第二形態が……って体験版で期待したんだけれど、ブロックマン並に派手に変化する敵が少なくて残念。パイルマンは向こうの攻撃を避けるだけだしね。

 

 長いステージを死に覚える昔ながらのゲームスタイルは達成感があって良いね。最初はステージ途中でゲームオーバーでも慣れればボスまで無傷でたどり着けるようになるわけで、その上でボスの対処法を模索する。E缶ゴリ押しなんて野暮の極みだって粋がった結果がやけに長い総プレイ時間なのさ。

 

ロックマン11 運命の歯車!! - PS4

ロックマン11 運命の歯車!! - PS4

 

 

2018/10/03の日記

 Steamだとロックマン11がもう発売している。CS版だと明日なんだから暇人なら悩んじゃうよね。Amazon予約組は今日発送してくれるのかしら。konozama食らっちゃったら遊べるのは週末までお預けとかありそうだね。今日発送してくれなかったら今晩Steamで買ってもいいかな。Amazon特典のサントラなんてどうせ聞かないしさ。

2018/10/02の日記

 今夏は麦茶を量産することを始めた。暑くてのどが渇いたときに飲む麦茶はその癖の無さや後味がスッキリしていることがありがたいのだけれど、そうでないときに飲むお茶としてはいまいち物足りない。やはり嗜好品としては一枚劣るお茶なのだろうか。

 夏も終わりだけれど、麦茶用のプラボトルは残るので今度は水出し緑茶にしてみるかな。

2018/10/01の日記

 ファウンデーションがドラマ化するらしい。子供の頃に読んだ本だ。早川文庫の表紙に載っている宇宙船は格好よかったなあ。初期三部作は記憶に残っているけれど、後期の作品はあまり覚えてない。スピリチュアルな内容だったような。

 映像化されるとイメージが固定化されてしまうからちょっと怖いなあ。

 アシモフと言うとSF活劇よりロジックを用いた作品のほうが面白かった覚えがある。黒後家蜘蛛の会とか買い直してみようかな。

 と思って調べてみたら電子書籍化されてない上に1冊1000円もするのか。実家に帰ったときに本棚をあさってみようかしら。

japanese.engadget.com