岬ちゃん早く来てくれ!

働けば自由になる

Macに移行して一ヶ月半くらい

 以前から使っていたオンボロノートの性能不足がかなりのストレス要素になっていた。そこで新しいPCを購入決意したのが二ヶ月くらい前。

 昔から憧れのPCと言えばVAIOだったのだけれどSonyVAIO撤退のニュースを聞いて悩んだ結果、以前より気になっていたMacに手を出すことにした。

 購入したのはMacBook Pro Retina 15インチGPU付き。購入の動機はRetinaディスプレイを見てみたかったことが大きい。こんな大きな買い物をしたのは何年ぶりだろうか。自動車学校の学費以来かな。せっかくだからセットで揃えようと思ってマウスもMagic Mouseを購入。  

 もともと使用目的がWeb閲覧やiPhoneiPodの母艦、映画を見るくらいなのでOSの乗り換えに抵抗は少なかったのだけれどWindowsからの移行ということで困ったことも起きた。iTunesのライブラリや音楽ファイルの移行がどうしてもうまくいかなくて結局手作業でコピーする羽目になったり、愛用しているWalkman(NW-S755)をうまく認識してくれなかったりだ。Walkmanに関しては未だに解決策が見つかっていない。私はiPodよりWalkmanの方が好きなのだが……。今後非Apple製品を買う時に対応製品かどうかを確かめる必要があるというのは面倒かもしれない。Appleに魂を売り飛ばせということだろうか……

  MacBook Pro Retinaには光学ドライブがついていない。しかし手持ちのBRXL-PC6VU2-BKCが特に問題なく使用できるようで安心。デフォルトでは再生できないながらもBDも読み込むことができる。

 

 さて一ヶ月半ほど使ってみたところ……やはり私には明らかにオーバースペックだった。特にせっかく付いているGPUに至っては使う機会がない。これって画像編集とか映像編集目的の人が選ぶものなのね。とはいえGPUなしの方のSSDやメモリをGPU付きの方に合わせると値段はあまり変わらなかったのでこちらを選んだのだ。

 OSをMacに変えたからといって用途が以前と同じなのだから特別変わったこともなく、私にもわかる違いといえば画面と字が綺麗なことくらいだろうか。操作法の違いは慣れの問題だろう。数日使えばさほど困ることもなかった。困ることといえば一緒に購入したMagic Mouseが使いづらいことくらいだろうか。結構高かったからもったいないけれど使いやすいBluetoothマウスを探さないとな。

 

 購入して概ね満足ではあるのだが価格に見合っているかは微妙な気がする。ゲームが趣味の私の場合はゲーミングPCを買ったほうが幸せになれたのかもなあと軽く後悔。